売却するか、しないか

高度経済成長期以降、多くの方は「マイホーム」に憧れを持っています。東京や大阪など、大都市に居住したいと考える方も、少なくありません。時代の流れを理解してから、行動を開始しましょう。近年では、インターネットが発達したため、どなたも家の情報をご確認頂けます。一早く行動すれば、多くの恩恵を得られるでしょう。

大切な家を売ることで、過去の思い出を失う恐れがあります。不動産売却は、慎重に判断しましょう。一部の土地は、住宅地の再開発などで、地価が上昇しています。売却をされる場合は、3年先を想定したプランを策定しましょう。

家を売ることは、個人の自由です。しかし、個人での取引は、予期せぬリスクを背負います。不動産の管理は、専門家に任せましょう。企業が仲立ちを行った上での取引の場合、大幅にリスクが緩和されます。理由は、一定期間内に不動産売買が成立しなかった時、条件付きで企業が不動産を買い上げてくれるからです。もっとも、希望額に近い価格での売却が理想です。

家の購入は、頭金がなくても可能です。しかし、家の売却は、ある程度の目減りを予測して行います。買った時の半値以下の売値になるケースや、結果的に借金が残るケースもあります。安易に家を売りに出さず、数年先を見越して行動しましょう。

相続は大変

相続対策は、大規模な土地をお持ちの方にとって、必須の業務です。相続税を払えず、不動産売却に踏み切る方もおられます。
基本的に、数千万円単位での相続でない限り、税金は発生しません。もっとも、近年の地価上昇により、路線価が変更され、多額の相続税が発生するケースがあります。商業地でなく、住宅地であっても、税金対策は必要です。

相続が大変である理由は、手続きの煩雑さです。陶器書類や不動産の引受人の署名、必要な現金の容易や裁判所への出頭など、様々な手続きが必要だからです。
書類に不備があった場合、口頭にて、その内容を申告する必要もあります。相続の最中に、国の進める道路開発事業に土地が該当し、相続放棄を義務付けられる事態もあります。近年、日本中で再開発が行われており、土地の価値も上昇しています。相続税対策も、必須と言えます。

相続税は、相続者と税務当局が独自に算段を立てます。大抵、税務当局の課税額のほうが多く計算されます。この時、相続税に関する知識がないと、言い値で税金を支払うこととなります。税理士に相談して、よく計算しましょう。特例措置などが適用されている場合、税務上の優遇措置が受けられます。国が発表する施策について、しっかり耳を傾けましょう。