相続は大変

相続対策は、大規模な土地をお持ちの方にとって、必須の業務です。相続税を払えず、不動産売却に踏み切る方もおられます。
基本的に、数千万円単位での相続でない限り、税金は発生しません。もっとも、近年の地価上昇により、路線価が変更され、多額の相続税が発生するケースがあります。商業地でなく、住宅地であっても、税金対策は必要です。

相続が大変である理由は、手続きの煩雑さです。陶器書類や不動産の引受人の署名、必要な現金の容易や裁判所への出頭など、様々な手続きが必要だからです。
書類に不備があった場合、口頭にて、その内容を申告する必要もあります。相続の最中に、国の進める道路開発事業に土地が該当し、相続放棄を義務付けられる事態もあります。近年、日本中で再開発が行われており、土地の価値も上昇しています。相続税対策も、必須と言えます。

相続税は、相続者と税務当局が独自に算段を立てます。大抵、税務当局の課税額のほうが多く計算されます。この時、相続税に関する知識がないと、言い値で税金を支払うこととなります。税理士に相談して、よく計算しましょう。特例措置などが適用されている場合、税務上の優遇措置が受けられます。国が発表する施策について、しっかり耳を傾けましょう。